Event is FINISHED

クルマから未来を考える3日間──「WIRED Future Mobility Session」東京モーターフェス2016にて開催!【10/8〜10/10】

Description

人工知能やIoTといった新しいテクノロジーを取り込みながら進化し、その領域を拡張するクルマの未来を考えることは、エネルギーや都市、そしてライフスタイルのこれからを考えることである。10810日に東京モーターフェスで開催される「Future Mobility Session」は、国内外の豪華スピーカーとともにクルマを通して未来を考えるトークシリーズだ。


毎日異なるゲストを招き、クルマを通して見えてくるこれからの会社や都市、社会を考える3日間。トークシリーズ含め、モーターフェスへの参加は無料。未来を試乗する3日間のイヴェント、どうぞお乗り忘れなく!


============================================

WIRED Future Mobility Session@東京モーターフェス 2016

※チケットは各日での登録制となります。

それぞれのプログラムの下にあるリンク先から参加申し込みをお願いします。

============================================


DAY 1

2016108日(土) 17:3019:001700受付開始)

「もはやメーカーではない! マクラーレンの「未来予測」ビジネスがすごい」

登壇者:ディック・グローヴァー(マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ CTO


F1開発で培った技術を、スポーツや医療、交通、エネルギーといった暮らしのさまざまな分野に応用させているマクラーレン・アプライド・テクノロジーズのCTOディック・グローヴァー。クルマづくりで培われてきた技術は、これからの社会にいかなる価値をもたらしてくれるのか? 領域を横断しながらテクノロジーの可能性を模索し続ける彼らに、未来のクルマメーカーのあるべき姿を学ぶ。


聞き手:齋藤精一(ライゾマティクス 代表取締役)、若林恵(『WIRED』日本版 編集長)


DAY 1 : 参加申し込みページへ


------------------------------------------------------------------------------

DAY 2

2016109日(日) 17:3019:001700受付開始)

MIT発! クルマとつながるビッグデータシティ」

登壇者:ダニエル・ベレリCarlo Ratti Associati)


ビッグデータを使って都市問題に取り組むマサチューセッツ工科大学(MIT)「Senseable City Lab」を率いるカルロ・ラッティ教授の建築スタジオ、「Carlo Ratti Associati」のヘッド・オブ・コミュニケーションであるダニエル・ベレリ。

都市全体がインターネットに接続されるようになったとき、そこから得られるデータによって、都市は、暮らしは、果たしてどう変わっていくのか。そしてモビリティが「センサーシティ」に貢献できることとは何か。データとクルマがつくる「未来都市」の姿を考える。


聞き手:齋藤精一(ライゾマティクス 代表取締役)、若林恵(『WIRED』日本版)


DAY 2 : 参加申し込みページへ


-------------------------------------------------------------------------------

DAY 3

20161010日(月) 17:3019:001700受付開始)

「超小型モビリティこそ東京の未来! 国産ビッグ3の挑戦」

登壇者:

谷中 壯弘(トヨタ自動車株式会社 先進技術開発カンパニー BR次世代車両企画室主査)

土屋 勝範(日産自動車株式会社 R&Dエンジニアリング・マネージメント本部 グローバル技術渉外部 技術渉外・製品安全グループ主担)

松永 (株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター ARD 研究戦略企画ブロック 主任研究員)


トヨタ、日産、ホンダという日本を代表するクルマメーカーから、「超小型モビリティ」の開発を率いる3名が登壇。12人乗りとクルマよりもコンパクトで、自転車よりも速く、現代人のライフスタイルに合ったこれからの移動手段として開発が進められる超小型モビリティ。なぜこれからの社会に超小型モビリティが必要なのか? 普及のためのハードルは何なのか? そしてコンパクトな新型モビリティはぼくらの暮らしをどのように変えてくれるのか? 参加者とのディスカッションを交えながら、超小型モビリティの可能性を探る。


聞き手:若林恵(『WIRED』日本版 編集長)


DAY 3 : 参加申し込みページへ


=========================


3日間のイヴェント概要

場所:東京モーターフェス2016 お台場・船の科学館前特設会場

(アクセス:ゆりかもめ 船の科学館駅 徒歩1分)

参加費:無料

対象:16歳以上

定員:各日 120名(先着順)

主催:東京モーターフェス2016 実行委員会

企画協力:『WIRED』日本版


TIME TABLE:

17:3018:10|登壇者による特別レクチャー
18:10
18:50|登壇者×聞き手によるトークセッション
18:5019:00Q&A

※セッションの時間割は当日変更となる場合がございます。ご了承ください。


(注意事項)

当日の模様は、雑誌『WIRED』日本版および東京モーターフェス2017の当該ウェブサイト、デジタルマガジン、SNSなどで掲載される可能性があるほか、コンデナスト・ジャパン、東京モーターショー2017の広報活動(テレビ局、新聞社、ニュースサイト等の取材・情報提供を含む)で使用される場合がございます。

・ご記入いただきましたご住所やEメールアドレスなどは、コンデナスト・ジャパンからの事務連絡に使わせていただきます。それ以外に、コンデナスト・ジャパンより製品やサーヴィス、イヴェント、展示会、刊行物等の各種ご案内をお送りする場合がございます。

・弊社の個人情報取り扱いにつきましては、ウェブサイトに記載の個人情報保護方針・プライヴァシーポリシーをご覧ください。

・チケットはご本人様のみ有効となります。


Event Timeline
Oct 8 - Oct 10, 2016
[ Sat ] - [ Mon ]
5:30 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京モーターフェス2016 お台場・船の科学館前特設会場
Venue Address
東京都 江東区 青海1-1-16周辺 Japan
Directions
ゆりかもめ 船の科学館駅 徒歩1分
Organizer
WIRED
4,967 Followers